はるかの日記

2009年4月20日月曜日 by 高橋はるか

「苦境少女の心は深く泣いて」第3話

花見の季節は今年早々、来ました。 いたる所の桜の花木は地面全体にわたって散る花とその花弁に始まりました。 仕事に向かったとき、私は気付きました。

高校における初日以前の週に、両親、祖父母、および拡大家族は、公園でピクニックを計画しました。 肉親、伯父、および従姉以外に本当にだれも知らない。それが、あの人達にとって血液関連ですが、見知らぬ人に囲まれるような気分である理由。 何人かが肉親の友人を連れて来たように、たくさんが、いるように思えます。 しかしながら、だれが知らない親類かそれとも肉親の友人であるか離れてわからない。

大人達は、ビールを飲んで、酔っぱらうようになるか、または自分たちの中でただ話します。 子供はお互いと遊びました。 妹(邦子)が幼児であるので、祖母さんは世話をします。 青春期のようにはするのがそれら自身がことをするだろうということ。 非常に夜遅く続けられた出来事。 そよ風で吹かれる風景と花弁を楽しんでいました。 自分の親類がだれであるかを知らないように困惑していると感じます。 でも、お父さんとお母さんは私にあの人達を全く紹介ない。 ビールを飲んだか、または現在以前のタバコを吸った人は、ものすごく匂って、それらが他のものから支援しなければならない肝心のふらちな事することでした。 お母さんとお父さんが私にあの人達を決して紹介しなかった理由であるかどうかと思います…

結局、親類とより知り合いませんでした。 残念だ…

*****

研究デスクからやかましく鳴る目覚まし時計は、高校の初日が来たことを意味します。 ベッドから遠くにやかましく置かれなければない。 さもなければ、全く近くで目覚めながら、だれかが私を起こすまでの睡眠か上でただ正午にそれを回して続く。 なぜ自分を起こすのに苦労しますか?

目覚めた後に、新鮮になって、風呂に入るためにまっすぐ浴室に向かいます。 学校が家から遠くの最も遠さであるので、弟妹の前でそれを使用しなければならない。 弟妹が小学校にある状態で、彼らはとにかくより多くの睡眠を必要とするでしょう。 お父さんは家にいない。お母さんは私たちの残りのために朝ご飯の用意しています。

風呂に入った後に、変化する部屋に向かって戻りました。 今ごろ弟は、ちょうど目覚めた。 それらを通り過ぎるので、真一と光世は「お姉ちゃん、おはよう」に言えました。 制服を身につけて、温暖と安らぎを感じました、この暖かさはお母さんがさっきちょうどそれにアイロンをかけたところだったからであるかもしれない。

制服に変化した後に、鏡で自分を見ました:鏡の子は本当に私ですか? 私は新しいヘアスタイルで他の誰か熟しているものに似ています、お父さんとの私の顔の類似がまだそこにありますが。

朝ご飯に台所まで向かいました。 お母さんは飲み物と弁当箱に伴う卵とパンケーキを準備しました。 お母さんはいま、真一と泉美と光世に同じ食物を準備することで忙しく、私との会話を持つために管理されます。 お母さんが外への途中で私の新しい制服で写真を取っていると言って。

お母さんは私が新聞を読んでいたとき、時計を見続けました。 記事を見ていたように、母さんは、もう私が学校へ行って、たった今私の写真を取るべき時間であると言って。

家の正門に作りました。 お母さんは、私の新しい制服で写真を取るためにカメラを持って来ました。 これが必要ですか?邦子以外の弟妹のすべてが、お母さんの後ろで続いていて、どれくらい成人であっただろうかに関してコメントしました。 真一、泉美、および光世は小学校と邦子にあります。それでも、幼稚園では、なぜそれらより大きいように見えるかがわかります。 邦子が高等学校に入学する時までには、私はたぶん結婚できました。

真一と光世は、まるで彼らはおかあさんが、すぐにいなくなる予定であると言及したとき、変化する間、ここで急いだかのように見えました。 正直なところ、私たちが名前でいつもお互いに演説するというわけではないとき、めったに私自身の親族の名前を聞きません。

お母さんが私の写真を撮った後に、もう学校に向かうべき時間でした。 みんなは私に幸運を願っていました。それで、金庫を持っているのはつまずきます。 この家族は、この家には大き過ぎますが、私があの家族のひとりであることが残念です。 母さんと父さんは何を考えていましたか?多くの弟妹をもっている家族で最初の子供です。 両親がいる子供の数のため、お父さんは保つ苦労を世帯所得に上がるようにしています。 伯父が私たちを助けるほど親切であることは、良いものです。 伯父は働いている大企業の指導官です。

バス停への道に沿った従姉に会いました。 うわぁ…愛子の新しい制服はすばらしく見えます。 まぁ、私のものと従姉のものの間には、デザインに関して明白な違いがありますが、どちらが、より良いかでは、言いにくいのですが、私たちは、以前、悪いものを見たことがあります。

桜の花花弁が私たち全体にありました。

*****

バスはすぐ、到着しました。 バスに入ったとき、私たちは、バスが様々な学校の学生とサラリーマンでいっぱいであることを見ました。 見つけた神経質な学生は私たちのように1年生。それて、彼らの制服がどれくらい新しく見えるかは同じ学校の別の学生と比較されました。

その後、私たちは、駅で降り立って、プラットホームに進んで。次に、私たちの学校に向かう電車に入ります。 私たちは大群衆のため電車に入るのに苦労しました。ちょっとまって、私は毎朝、この巨大な群衆を通らなければなりませんかな?

1 件のコメント:

ビゴトラ さんのコメント...

おはようございます。
こんなブログもあるんだと興味を持ちました。

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
中野区, 東京都, Japan
帰国子女 英語能力は堪能。趣味はアニメや漫画やプログラムコードを編集。通常、あたしの小説を英語で書いてです。Grew up abroad &travelled to different countries. I write my own fictional novel on my blog.