はるかの日記

2009年5月5日火曜日 by 高橋はるか

「偶然な願い」第2話

藤林菜々実さんが気付くとが4歳であった時まで行ったのを覚えている遊園地にありました。 藤林さんは両親と兄を遠くに見ました。 彼らは最後の菜々実がそれらを見たより若く見えました。 菜々実の家族を大いに逃したときは、向かって呼んで、走りました。 菜々実の身体が幼児のものであるのに気付いたので、周りのすべてが大きく思えました。 でも、菜々実が慣れている道を歩こうとした。それで、落ちようとしたとき、落ちることができました。 菜々実は起こっていたことに関して当惑させました: 昔過ぎるというわけではないのに藤林さんの高校におけるプールにいたのを覚えています。
菜々実の家族により近くなるように戦ったとき、空からのロケットは遊園地に向かって率いられました。 大きい爆発はジェットコースターがあって、全体の遊園地が炎と爆発がいたる所にある状態で暗くなった領域から見られました。 みんなは、走って、金切り声を出していました。 構造は崩れていました。 炎は、現在、家族と菜々実を切り離します。 炎が大きくなる前に、菜々実の母親は、藤林家で運んで、菜々実の肉親を心配しないよう要求したと言いました。

母親が何を言っていたかを理解していませんでした。 菜々実は絶望的に炎が現在菜々実を完全に囲みながら彼女の母親を求め続けました。 助けのために母親に絶望的に電話をしようとするとき、見えない力は、絶望的に次第にはっきりされる空からの菜々実と声を震動させていました。 地面が震動していないとき、菜々実は力が来るところに関して当惑しています。

「藤林さん!藤林さん!大丈夫ですか?おい!目覚めてください!」を聞き覚えのある声を言いました。

菜々実は、天国に呼んでをしていると思いましたが聞いたことは、菜々実が予想していたことではありませんでした。 菜々実の炎の遊園地のビジョンはすぐ、保健室に変わりました。 田村三佐枝さんは菜々実の肩の上に彼女の手を持っています。三佐枝がプールに菜々実を押し込んだ後に、滝沢さんは彼女を救うために飛び込んで、心肺蘇生法(CPR)を実行して、保健室に菜々実を連れて来ました。 三佐枝は菜々実にしたことに関して悪く感じて、謝りました。 三佐枝は、菜々実を元気づけるためにそれをしました。

「あれ?滝沢くんはどこ?」と菜々実が由一を見回して捜したときは言いました。

「あ!滝沢さん、学習塾が今日あると言いました。 どうして?」

菜々実は、由一が周囲にありませんでしたが、菜々実がすぐ何かを考えたとき、ショックに従って赤くされるのに失望しました。

「藤林さん?どうしたの?」

「滝沢くんが私でCPRをしたなら、私にキスしたことを意味じゃないか?」が神経質にどもらせました。 それを聞いたとき、三佐枝は驚いていました。

彼女たちの会話は、菜々実について検査するために入った先生によって中断されました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
中野区, 東京都, Japan
帰国子女 英語能力は堪能。趣味はアニメや漫画やプログラムコードを編集。通常、あたしの小説を英語で書いてです。Grew up abroad &travelled to different countries. I write my own fictional novel on my blog.