はるかの日記

2011年5月11日水曜日 by 高橋はるか

苦境少女の心は深く泣いて (第5話)

病院に達して夕方だった。街灯が点灯されていた。

病院内では、スタッフがおり、患者が歩いて。通常、この人達は私を迎えるだろうが、彼らは代わりに私を無視していました。あれ?私のことしらない?

「社長」を書いたドアはノックした。すぐ後で、私の名前はいていた。

でも、返信ではない。ドアを開けていたら、この部屋は、誰もいない。テーブルの上はキレイなパソコンが在る。そのテーブルも伯父ちゃんと自分の家族写真やメモや筆墨がある。本棚には、医療科学に多数の同一の本があります。

これが何か伯父さんがたまにされている場合ので、私は知らないが、一年前ここには少なくても作業を開始した。

*****
私は後でもう一度夕方には監督の事務所に向かった。いま伯父さん、いますか?もう一度ドアをノックする。

「はい、どうぞ!」って聞いた。

この部屋に入った時、伯父さんが私の母親の写真を持っていくつかの古い文書を見て見ました。腕時計のスケッチやスーツの三次元モデルがあった。伯父さんは急いでさっきのここに入っていたかのように見えた。

伯父さんは私を見たとき、伯父さんは私を認識していないかのように見えた。

健二:「・・・えっと、ご存知ですか?」

あれ?自分の姪はしらない?ちょうど先週会った。たしかに、新しい高校の制服を着ています。髪型も、異なっている。伯父さんが私の現在の外観を持つ私を認識するとは思わない。

私:「もう、伯父ちゃん。あたしだよ、宮沢ことみです。」

声を聞いた瞬間から、伯父さんはすぐに古い段ボール箱に読んでいた文書を続けた。遅いぞ!すでに、この部屋を入って時から、その文書を見ていた。

それの箱は「Dokumente über die Schaffung einer Geschlechtsumwandlung Gerät」に書いていた。(それ、何語?)私が生まれる前に書かれた日付が年でした。 怪しい…

毎晩、仕事の後に、伯父は車に戻って私と愛子(従姉)を家まで送る。車は地下駐車場に駐車されている。高速道路経由で帰って旅行中に、私は今朝の新聞で見た国際プログラミングコンベンション会議資料については伯父に言及した。伯父はかなりの興味を持っているようだ。

私と愛子は高校の初日と新しい友達に話しています。この空気はスーパの事件について話をするための適切な状況にしていないようです。

家に着いたときは、晩ご飯が包まれていた。邦子(妹の2)は母に一緒に遊んでいる。真一(弟の1)は小学校6年、中学の受験を勉強する。泉美(妹の1)と光世(弟の2)は寝ているのだ。お父さんはまだ戻っていた。

はぁ~ なぜあたしは長女ですか?自分自身を好きですか?
*****
季節:桜の枝が葉に満ちている。

この高校は、部活に参加する必要はない。でも、私はキレイだし、男性たちのクラブはあたしに「参加するよ」の説得って欲しいのだ。富津男の子生まれて場合、これは刺激を与えることはない。でも、私はキレイな女の子です、「女の体に生まれた男」って思っていた。

最初の日以来、私は取られて写真の音とお互い話し合っている男性の声を聞いて。私はよく、「天才美少女」として学校にその名が知られています。クラスメートは、理解していない質問をして、私を囲んでいます。なぜあたし?

昼食時には、私と弘子がお弁当を食べて中庭の静かなエリアに行かなければならなかった。もそこに、誰かが一眼レフカメラで私の写真を撮って感じることができました。一日の終わりに、職員室への代入の本を運ぶために先生に役立つだです。簡単に職員室で先生の机を配置ではない。ここ、パソコン見てないし、伯父さんの事務所よりももっと汚いです。先生はほとんどの学生が屋上のように学校周辺の隠された場所のように知っているだろうことを教えてくれました。

その屋上の入口はだれもしらない。先生たちや上級生や、みんなは「屋上を入った方法」はしらない。(空から飛ぶ以外に。)自分自身の方法を見つけなければならないようですね。

屋上の入口は全4階を探して。でも、見つけない。文化祭装具を格納倉庫は屋根に秘密の階段があることを3階が判明。屋上への階段を登るも時間がかかると思われる。

階段の上部にあるドアは光をすることができますガラスパネルがある。そのドアを開けると、私はそれ以外の場合はアクセスの屋上で自分自身を発見した。屋上の端に立つ限り、屋根が非常に大きくされ、下から誰も私を見ることができました。電気ドリル以外に、屋上は気付かれないように何か私は思います。ここはいい素敵な場所が彼氏を一緒に隠れ家。でも、ここに日光からの避難がありません。

次の可能な隠れ場所は、体育館のステージの下。でも今、男子バスケ部は体育館を使う。私が見られている場合は隠されたスポットを検索するには悪いアイデアです。あたし、大人気な女の子です。 イベントがある日以外に、秘密の場所を検索するためのベストタイミングは早朝と昼食中です。

第4話English|第6話

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
中野区, 東京都, Japan
帰国子女 英語能力は堪能。趣味はアニメや漫画やプログラムコードを編集。通常、あたしの小説を英語で書いてです。Grew up abroad &travelled to different countries. I write my own fictional novel on my blog.