はるかの日記

2012年5月28日月曜日 by 高橋はるか

「偶然な願い」第4話

菜々美の祖母の存在が妙に慰めされたの亡くなった母親の存在を、持っていることを感じました。由一と三左枝、菜々美の子供頃の友達、の会った時は覚えていないですけど、小学校のみ活動に覚えています。最初の高等学校の開始時にそれらを満たしていれば異なって、扱っていると思います。

今時、まだいろいろなこと説明や頼るためにやある。由一と三佐枝は子共頃からの友達。どうやって出会ったが覚えてないですけど、幼稚園や小学校とかのみの活動に覚えています。いま、そんな活動にするはできません。高校時代は初めに出会ったは扱われて方が全然違う。

「先輩!お久しぶりです。どうしてここにいる?」って驚いた菜々美に言ってた。

先輩の名前は石田卓哉(いしだたくや)。去年の卒業式まで、同じ中学と高校出席しました。その先輩はいま、少し知っている研究機関で働いています。

「あ!小林さん、お久しぶりですね。高1時代の美術部の顧問が読んでいた。俺の忘れ物取ってきた。本当に大事な物ではない。」

卓哉先輩が持っているものを見て:よって見る布を覆われている大規模な絵です。何を塗装な絵は、菜々実が分からない。でも、「いいかまもしれない」と考えたいます。

「この絵、俺の先輩と一緒に描くしてしました。でも、先輩たちは『いらない』が言ってた。誰か絵を望んでいる場合は、顧問がこの絵を保管された。でも、俺以外に顧問が関係部員の連絡先はできない。」、卓哉が不確実性で言った。「ねぇ、菜々美ちゃん。いつでも、菜々美ちゃんが、俺に一緒に話してくれないか?ご両親を許可しない場合は、携帯でメールするのメセージは大丈夫。」

後ろからの声が聞こえた。菜々美はその声の方が見える。それは三左枝さんの声。

「菜々美ちゃん!昼ごはんはもう終わりだろう。あたし達、早く教室に帰ろう。それないと、先生は怒るぞ!」

教室を戻ったまえに、菜々美は卓哉くんに話した。

「あ、友達読んでいた。ごめんなさい。じゃ、後で、石田先輩。」

「んまぁ、そうですね。じゃ、また。」

女子二人が十分離れになるまで待っていたのあと、卓哉さんは安堵のため息をついた。 絵の裏に添付されたものを見ました。

「これを見てなかった良かった。菜々美がこれに巻き込まれたくない。」

第3話 | English | 第5話

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
中野区, 東京都, Japan
帰国子女 英語能力は堪能。趣味はアニメや漫画やプログラムコードを編集。通常、あたしの小説を英語で書いてです。Grew up abroad &travelled to different countries. I write my own fictional novel on my blog.