はるかの日記

2010年3月14日日曜日 by 高橋はるか

「サマーウォーズ」の批評(たぶん)

去年のサマーウォーズ(英語:Summer Wars)は全国の映画館をロードショーです。ちなみにどこかこの前にキャラクターデザインを見るですか。。。2006年の「時をかける少女」? ま、両方の映画の脚本家(奥寺 佐渡子;おくれださこと)は同じ者です。最初を観るときは気づけない。あれ?2006年は4年前?うあぁ、はやい。「時をかける少女」は最近見てきたからだ。現在、この映画のBlu-RayとDVDは発売中です。 でも、この本文はシンガポールの映画館は最近ばかり出た。それに英語と中国語の字幕があるんだ。ってはい?6ヶ月の遅延は、中国語の字幕だけでしたか?米国では、以下の1ヵ月間の英語字幕のためだけに待っていた。

なぜあたしはこのポストの代わりに英語の日本語を書いてのですか? 全Bloggerのブログの第1000投稿?いえ、この投稿は第996ポストです。


720pに変換するために見られるようにしなければ ならなかった問題のDVDでこれを見ていた。この映画のオズの世界は、インターネットコミュニティやSecond Lifeに似て見えた。電気通信、企業、医療機器、政府はOZに依存するは知りません。

誰かが死亡した、冤罪、助ける。 夏希の誕生日は平成3年(1992年)。この映画の時間枠は平成22年(2010年)7月。 映画の後半では簡単に忘れちゃった。夏希のおばあさん(たぶん)はみんなをお連絡での後。でも、この映画はいいですね。

最後のシーン

誕生日パーティ?葬式?この大きな家族は変。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
中野区, 東京都, Japan
帰国子女 英語能力は堪能。趣味はアニメや漫画やプログラムコードを編集。通常、あたしの小説を英語で書いてです。Grew up abroad &travelled to different countries. I write my own fictional novel on my blog.