はるかの日記

2009年1月19日月曜日 by 高橋はるか

「もう一つの世界」第1話

放課後に上昇している費用を切り抜けるために駅の近くで調査会社で働き始めた、夜遅く。 私が必要とするものの費用は両親が私に与えるもの以上です。そして、それは上昇しているように思えます。 学校は都市の片端に位置している平均した高校です。 皮肉にも、よく知られている学校がまさしく私の学校と同じ丘の頂上にあります。 とても嫉妬していて、私はそこの学生ではありません。

働いている会社があって、外部以外に、出来事は服装でそれほど特定ではありません。 彼らはしかしながら、安全に強調されていた状態でします。 会社は見つけられて、短い自転車が我が家から立ち去るということです。 私には、兄弟が全くいないで、両親の両方が現在長い間海外で働いているので。仕事以外に学校からの好きな級友、または私の部活をするのとたむろするです。


ある日、会社はSFか未来の種類について何かに働くために私を選任しました: ………ま、なにかこれ、使うも、分からない。だけど、これが小さいです。このものに取り組んでいる領域は、全会社員が安全保障上の理由で入る前にそれにそれらの名前があるパスとそれらの写真を持っているのを必要とします。 結局、この場所は彼らが欲しくないのが不吉な目的のために中のこそこそする人と使用とそれを住ませるいたる所の完全な未来の。そして、試されていなくて、危険で敏感なものです。 私のすばらしい知識のため、彼らが、私が最近のプログラミングコンベンションで先端で上って来ているのを見た後に、私はここで会社のトップレベル指導官のひとりでこれらのものがどう働いているかの後ろと。そして、推薦で何とか働いていました。


そこで装置と社長からの許可で終わりたくて、私はそれを家に持って来ました。(社長は「いいよ」が言ってはしんじらない!)私の部屋は分かることができないくらい難しい本で満たされます。 研究デスクには、これに関するすべての課題の本とノートがあります。 いくつか後に、しばらくそれに思って、働いていては、手首でそれを疲れて、着ていました。 ーーーま、明日は忙しいの日ですよ。

………

私には、白色光に関する奇妙な夢がありました。 私を興奮して、本当であると感じられましたが、それはただ夢なんでしょう? 私には、本当であると感じられたビルを低下させるという夢が一度ありましたが、私がベッドから落ちてさえいなかったと判明します!

………

目覚めたとき、私はまだうとうととしていました。 現在私がそうである部屋が、何にそれを覚えているかといくらか異なるように、いるように思えるのに気付きました。 また、起きるのに苦労するように思えますが、眠気がそれの原因であると信じています。 それにもかかわらず、それらがいる以外に、部屋の様々な一部にきちんと配置された私の所有物への少しの変化もあるように思えません。 まだ私の手首の上に私が昨夜家に持ち帰った奇妙な装置がありますが、それは昔過ぎるというわけではないのに動かされたように見えます。 それ以外に、私の周りのすべてが少し高いように思えます。 電子時計が、それが今日5月14日土曜日であると言うので。ーーーま、時代はなにか変にしても見えませんよね。

私は、部屋を出て、平衡感覚が異なっているのに気付きました。 階段に通じる廊下の代わりに、気付くと、私が仕事から家に帰るところに関する逆方向に位置するマンションの居間の片端にいました。 ここでは、現れます。デザインから判断すると高価に見える多くの家具と取り付け品を持つために。 壁の半面では、彼らの娘であるかもしれないように見えたの両親とかわいい未知の少女についてそこに掛けられた写真の額があるのに気付きました。 彼女は皆、一緒に微笑んでいました。 「あの子はだれですか?」 私はそれを見たように自分で考えました。 写真の額の下でいくつかの手がかりに関してキャビネットに目を通しました。 そこのすべてのアルバムには、私の代わりにそれでもその少女がいました。 しかしながら、それらがかなりなじみ深い状態で中に入れられた場所であることがわかりました。 以前、私には何か兄弟が決していないで、目覚めた部屋のものが確実にものであるので、何がここで起こっていますか?

急がないなら私が学校に遅れているように見えます。 私の制服を準備しようとしましたが、私は、家でどこでもそれを見つけるように思えることができません。 私がとても嫉妬していた学校の女性の制服の数セットによって。しかしながら、私がそうしたのがわかりました。 事実上、このクロゼットは私のものでない衣服と靴を含む唯一のものです。 これらがだれのものであるか、どのように部屋に入ったかを知りませんが、私には、考える時間が全くありません。 迅速な朝食を食べて、次に、顔に新しくするためにオンであって、風呂に入ることの代わりにシャワーを浴びるために定まった状態で続きます。 私が見る方法が嫌いであるときに、通常、鏡で自分を見ません。

私が着ていた衣服を脱ぎ始めるので、昨日からの仕事パスと装置を持っていたのに気付きました、それらをやめる前に。 しかしながら、それは私が私の身体の形が現在いくらか異なっているのに気付いた時です: 胸があります。そうしたのでそれが触れられていると感じることができます。 それらは、柔らかく、私の身体の残りと同じくらい暖かかったです。 また、私には、陰茎の代わりにちつがありました。 これを確認するために鏡に自分の外観を持ちに行きました。 私の顔の代わりに、私が、より早く反映されるのが鏡で私で支持するのを見た少女の顔を見ました。 彼女が続くなら、私は見るために移りました。そして、彼女はまさに私の動作をコピーしました。 反射における少女があるという結論に到達しました。 驚いていて、私はかん高く叫びました。 また、私の声も完全に異なっている、私が金切り声を出していないなら、それは音が良いでしょうに。

不愉快にシャワーを浴びたとき、私は、これがなぜ私に起こっているかを自分で質問しました。 これはなぜ私に起こっていますか? ーーーま、私に起こった変化は私の最も深い願望のものですが、実際に起こると決して思いませんでした! 私は同時に、神経質ですが、これが起こったのをいくらかうれしく思います。

シャワーを浴びた後の部屋では、私がより早く見た下着と制服を着ていました。恥部が現在、完全に異なって、より敏感であって。ただそれらを置くのが、私が赤面するのを作るだろうというのが気まずく感じられました。 どんな種類の衣服も身につけるのは、現在、上部で私の胸の形に触れていて、始めることを意味して、時々より厄介な状態でそれらと取り衣服を隠すのは不可能です。 衣服の内部は非常に滑らかであると感じられます。

完了していたとき、私は鏡を見ました。 私が、彼女に引き付けられると感じるほどそれは鏡に反映された彼女のきれい高校の制服のかわいらしい女の子が私であると信じにくかったです。 しかし、自分で引き付けられるという考えが愚かに聞こえて、私はそうすることができません。

正面玄関を閉じたとき、「久川」(ひさかわ)を見ました、私の姓、ドアで。時に突進して、私は、研究デスクに横たわっていたものなら何でもつかんで、かばんにそれを入れました。私は、靴をはいていて、門戸を閉ざしかけました。両親の少なくともこれと写真は、これが現在の家であると確認しました; 現在、私がいる廊下は私の正面玄関と同じ他のドアを持っていました。そして、私がマンションの上階の1つにいるように見えます。うまく飾り付けをされる中央の階段の近くに位置するエレベーターを見つけました。私にとって、出るためにエレベーターに乗るか、または私の家に考えは異質です; しかしそれは一部私がめったにエレベーターを使用しないからです。

私は、私のアパートの入り口で自転車置き場ロットで私の自転車を見つけて、鉄道駅に自転車で行きました。

列車の上の席を見つけたとき、私が昨夜扱っていた装置が私が現在直面していることを引き起こしている場合があると自分で思いました。 交互の寸法には私が異なった何かが、より早く起こったところにいるようですが、私に関連するもの以外のすべてがほとんど同じままで残っているように思えます。 どうして?

考えてみると、私はまさにその学校のどんなクラスですか? 私はどんな課題の本のためにもかばんに目を通しました。1つを見つけました。それはクラス2年B組には私がいますが、それの横にまた、私の筆跡の名前「久川沙江子」(ひさかわさえこ)がそこにあることを示します。名前それが私が慣れている名前と完全に明白に異なっているのを見たとき、私はショックを受けました。何が昨夜、私に起こりましたか? 後で私の仕事場に立ち寄るべきであると思います。

後で学校の近くの駅で降りるまでそれについて多く考えたくて、そこで向かわれないで。 夏期休暇の後に持たれていたそれらの文化祭の間、少なくとも一度学校に行ったことがあったので、どこにあるかを知っているです。

学校の近く駅で降りて、向かわれて。文化祭の間、少なくとも一度学校に行ったことがあったと後までそれを非常に考えたくないのが「うわぁーー、ここは確実に大きい!」夏期休暇の後に成立しました。 それを見たとき、私は考えました。いくらかの時間が授業始めの前にまだ残っています。教室を見つけたとき、まるで自分達が私をよく知っているかのように私が知らない人々は幸福に私の手を振って合図していました。少なくとも、これが適当な場所であることを知っています。座るアレンジメントは、後部の掲示板の上に掲示されて、なじみのない名前で満たされます。初めに、私の名前を見つけることができませんでしたが、他の誰もが「久川」姓と共にいなかったので、それがどこにあるかを知っている。

授業は私がもう片方の学校にいましたが、いくらかよく理解できた時よりいくらか難しいように思えました。 たいてい先生は、教科書にあったものを読むように私に頼む。 私は先生たちの特に好きな学生ですか?

放課後に、仕事に向かう前に場所を習熟させて、私であることを知っていることを望みたかったです。教室を出ようとしていたとき、私が2月以来入院している私たちの級友を訪問するかどうか尋ねながら、笹川渚(ささがわなぎさ)の名前の少女は私に近づきましたが、減退しました。後で、仕事で緊急事項を持っていると言って。彼女は私の回答に失望していて、非常によく知っているように思える他の2人の男性と共に教室に残されるように見えます。

図書館は都市の外の町の交通交差点の近くにどこかに校内で位置しています。 非常に大きいので、それは公開された別棟にあります。 以前、ここに行ったことがありましたが、私は、それが当時学校の一部であったのを知りませんでした。

向かう時間働くのを待っていて、新聞を読んで。前からの昨日、ニュースが異なるかどうかわかります。

………

ーーーま、すべてが現れる、出現、見出し、テレビのスケジュールからスポーツ・ニュースまで同じになるように。 今日のニュースを取り計らいましょう:
  • 「すぐ、携帯電話を使用する経験はアップル株式会社の新しいiPhoneリリースが全国的の、真新しい経験です!」
  • 「アメリカで財政的なグローバルは、多くの人々が削減されるのが破産を申請して、リーマン・ブラザーズなどの金融会社を破産を申請させました。」
  • 「それらがテロ警戒リストから取り除かれないなら、北朝鮮は、核操作を再開すると脅かしています。」
  • 「xxxxx(〇〇歳)は昨夜タクシーと疾走しているトラックにシンガポールにかかわる事故で死にました。そこの警察による調査は進行中です。」
  • 「xxxxxは、今度のオリンピックでいくつかのメダルを国に獲得することを望んでいます」
  • 「エジプトを探検しているジャーナリストのxxxxxは、彼女がそこに楽しい時を持っていると言います。」
  • 「3.5の大きさに従った地震は昨日、日本のいくつかの地域で起こりました。どんな負傷も損害賠償も報告されませんでした。」
ふむ、何でもないここでおもしろくない。 私がもう仕事に向かうべき時間であるように見えます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
中野区, 東京都, Japan
帰国子女 英語能力は堪能。趣味はアニメや漫画やプログラムコードを編集。通常、あたしの小説を英語で書いてです。Grew up abroad &travelled to different countries. I write my own fictional novel on my blog.