はるかの日記

2011年3月26日土曜日 by 高橋はるか

「もう一つの世界」 第3話

家に帰る途中自転車で通りを歩いて、誰か私に害を邪悪な意図の心と密接に背後から次のよう私は感じた。歩行の認識ではなかったが、ふりを続けた。知らないどのように私に少しの害、馬鹿を取り除くが、にもかかわらず、体はどういうわけか、それについて恐怖を感じるない。

ルートの暗い、静かな部分に: 明かりを暗くされ、近くの家のいくつかの距離です。期待どおりに、2 人の男性が把握を後ろから手: 1 開催された私しっかりと別のキッチン ナイフを持って口をカバーする 1 つの手。彼はまた何かを忘れられて、感動の部分私の体を奪うことを探していた私は、私を感じる不快感と、怖がっていた (も非常に満足)。それが役に立たないことを知っていたが、私の自然の反応闘争と悲鳴ヘルプのことでしょいます。この来るを見たが、私はそれに対抗する方法を知らなかった。このすべてにすぐにあることを望む、目を閉じ。

後に私の目を開いて、自分自身、教室では、私の前にテーブルのものと、ドアが、側に座って見つけた。時を探して、それ担任セッションについて自分の席に戻るを急いで私の同級生として開始したようです。ただし、日付、黒板には数ヶ月前と明らかにここで、それはかなり寒いだろう冬であることを意味2 月 4 日、金曜日、です。私はややトラベル バック時にあるか。場合は、どのように私は?ここでは完全に別の学校、クラスで私は、別のディメンションから、まあ、明らかにその日に起こったものは何でも私に前に実現しなかった。

先生は、起源で、南アメリカやアフリカのいずれかのいずれかがあるようだ、変な感じの人形を保持して歩いた。彼は休暇中にこれらの場所の 1 つで最近購入したと述べた。先生は、コメディのテーマ人形で遊ぶをことだった。彼はそうしたように、何か変なことに気づいた: 目が彼は人形移動した方向に固定するようであります。1 つ目の彼女の手を一緒に彼女の額に対してうっぷんやる食い縛ったが表示されます私から、クラスの反対側に座っている少女で指していた。

教師のようにようであるものがほとんど行われていた場合は、ルーム突然、明るい緑と女の子に満ちていたとして私の以前見た横に同じ位置に落ちていた。私を含め誰も彼女に殺到したし、彼女は申し分なくいると呼んで彼女は対応していないようですし、以前の同じ位置に維持しています。(彼女の名前は、小林さん言った) よく見ると、彼女の困難な体と何かを言いたいを移動しようとするが表示されますが、できませんでした。周辺渚とのヘルプを叫んだ。いくつかの時間後、救急車到着し、この「小林さん」病院に送られました。考えてみると、渚土曜日、5 月 14 日に言及された人彼女だったか。また、何その人形をだったか。いずれの場合では、突然私から戻って、時間をドラッグされました。

見回す、そこの彼女に対して開催されて距離を見た (彼女が私の事が忘れて) 誰私は作業中で邪悪な意図を私の想像を超えて、会社からのものを盗む木の悪い男として知っていた 2 人の男にレイプされています。私の目の前で事件がないそれらを警告し、それを証拠として使用するような方法での撮影。明らかに、私は写真の犠牲者だと私はそれをしたことを言うにかなり奇妙であります。彼女は突然薄い空気の中に消える前に、光のフラッシュの白い少女の手首からがあった。この場面はものすごくよく見えます.。

その瞬間に 2 人の男性はショックを受けたとなり、幽霊を見ていたが、恐怖に逃げた。うわー、だけことができる物理的に自分自身を変更は、私も旅行時間を (とすべてこれらは 3 人の視点から起こっているを目撃)。それは、このデバイスに自分の手首のためだったか。どのような他の能力では、それがありますか?以前のものは非常にランダムにしない起こったのでどのようにそれが起こった知っている知っている人と場合でしょいます。

どこを自分自身に薄い空気の消失を見て、家に帰る途中を続けて、スポットの横に右からの私の自転車をピックアップしました。取得するより安全な方法を持っているこれも.いずれの場合では、それは長い一日の今日、私に起こっても多くの奇妙なことをされています。いくつかの重い睡眠本当にそうでした。

現在の旅をしたときに、私は前に見ていた奇妙な人形と一緒にだったが私と一緒に今はいないこの感覚をある.

エレベーターの入り口で、私は泊まったの床床数の最大値であることに気づいた。また、またそこの「R」ボタンがあることに気づいた。私はそこに行くし、見ていることと思う。

私は、屋根に達したときに、何を見たか息を呑むようだった: 私は、住宅と地平線の山を見ることができます。唯一の障害このペントハウス座ってスマックより高い床のように見える、途中でです。見ることができますは、ライト、プールと、小さな専用のエレベーターがあるからです。へぇ~….きっと、彼らが表示し、泳いで風をお楽しみくださいより良いがある... このドアは何を待つか?

いくつかの並べ替え、エレベーターから遠い側の迷路に隠されたドアを見た。何らかの理由では、それ家として正確な同じ数をしています。キーを挿入し、ない困難にロックを解除しました。あれ?このベントハウスは、私の家?

この朝を見たことを見ない。たぶん、一部では前に決して。階段を上ってと確かに、以前から見たと思ったプールを見た。今この場所も心地よくデザインされて、大きな私の家を呼び出すことです。専用のエレベーター、階段で囲まれています。下になったときは、だから自分の薄暗い照明がどのように大きく、美しいに注意を払っていないことを私のものを探している間は以前に入った部屋のアッパー デッキで見つかりました、良い表示の窓を述べないため。私はまた、ここではすることができますにお風呂と新鮮な空気と眺めそしてまだプライバシー コーナー浴槽付きの浴室があることに気づいた。私の家ですか?

「失神」って思った。.

第2話English|第4話

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
中野区, 東京都, Japan
帰国子女 英語能力は堪能。趣味はアニメや漫画やプログラムコードを編集。通常、あたしの小説を英語で書いてです。Grew up abroad &travelled to different countries. I write my own fictional novel on my blog.