はるかの日記

2009年6月29日月曜日 by 高橋はるか

「もう一つの世界」 第2話

丘のふもとの通りでは、駅に着きました。 私は、電車が到着するのを我慢強く待ちました。電車プラットホームはいつものように同じくらい混雑しているように見えます。彼らの普通のところで通常見ますが、私が本当にそうしない人々は、それらを知って、まだそこにいます。彼らは、私への明白な変化に気付くように思えません。彼らが、私が他の誰かであると考えましたか、または私が現在の者であることは正常であると考えられていますか?

電車に入った後に、私はいぶかしげに彼らのカメラか携帯を向けている潜在的痴漢と男性を避けようとします。 なぜ現在、この余分なステップをしなければなりたいの? んま、それらがアップした写真がオンラインであることを見たとき、少なくとも私は、男性が列車の上で何ができたかを知っています。

朝と異なって、電車は、働く大人達で満たされませんが、まだ今日部活を持っていない他の学校からの何人かの学生で満たされています。 座る安全な安全なスポットであるように見えることに座って、この似ているので、何が仕事で起こるかを考え始めました。 今朝見つけた仕事パスを取り出しました: それは私の旧名と共に私の古い写真をまだ持っています。 私に関連するもう片方のすべての証拠が、変化したと考えている場合、私は、それが奇妙であることがわかりました。 このパスはなぜ自分の情報がまだある唯一のものですか?

私の仕事場に達して、私がめったに話さない同僚は外に立っているのが見られました。 彼は、たとえ何があっても、だれかには、真剣に何か重要なものを言うのを待っているように見えます。 もしかして、あの「だれ」が私のことですか? 礼儀正しく用心深く彼に近づいて、尋ねました。 (女性の声を持つのに私の口から出て来るのにまだ使用されていません。)

私: 「すみません、 なぜすべて心配に見えながら、ここに立っていますか?」

彼が私を知らなかったときのためにただ用心深くしたかったです。 即答すると予想していなかったのを除いて。

同僚: 「私の部長は、『何か』が昨夜『未知の力』による仕事で『だれか特定の人』に起こったと私に言いました。 私たちが彼を連絡したかったか、または訪問したかったのですが、彼は、現在異なった数を使用しているように見えて、『この寸法』における他のどこかでの在住です。 彼がここで前方に意識を取り戻すことを願っています: 部長に彼を連れて来に、オフィスが彼であれば来たと言われました。 ちょっとまて。。。 いまは、だれが私を話していますか?」

彼が私への話、女子高校生であるとわかって、彼はショックでジャンプしました。 私はただ通りの無作為の人であるかもしれません。

同僚: 「やべ!この娘を放して気づいたなかた!首になることができた最高機密ものに関して彼女に話さなかったのは、良いことです! しかしながら、あなたはそうする少女の種類に見えませんですが… えっ?あれ?」

まるで私に関して何かなじみ深いものがあるかのように彼は、注意深く私を見ました。 また、彼は私が身につけていた仕事パスと私が昨夜扱っていた装置に気付きました。

同僚: 「もしかして、 私の前の可愛い女の子は。。。 あの久川伊月さん? ああああ、 あのおっぱいは欲しい。 私をそれらに触れさせてくれることができますか?」

(-_-) やっぱり、この私の同僚は変態です。 彼が、最初に彼に会ったので、女を見るのが好きであることを知っていました。 彼はいつも見た女に関して私に話す。

私: 「ハアアアアァ??? なに言ってるの? このおっぱいは私の体。。。ちょーー! ちょっと! どー どこに私を連れて来てですか?

私の同僚は突然私をオフィスビルへ引きずりました。 部長のオフィスに連れて来られていたのを知っていましたが、以前の質問が彼の動作への私の自然な反応であったと尋ねること。

オフィスに入って、部長は不信で私を見ました: 彼が予想していた少年の代わりに、彼は、少年の仕事パスを身につけていた少女がはっきりしていないのを代わりに見ました。 現在の私の顔ですが、元自己、静かなクマと完全に異なった面相は私の両親の両方に類似しています。 私のコントロールと引き起こされた混乱を超えて皆に起こるためにこの劇的な変化を自分に持ってすみません。

部長: 「はい、お嬢様。 あなたをここまで引きずった男性が、彼による考えそれが人であるかどうかを知りませんが、確実に、私が、あなたの現在の、そして、前の名前、あなたを教育することに、現在、出席していて、また、どのようにがあなたをしたかを知っていますようにということになるように、そのパスを入手してくださいか? だれを探していたようにあなたが見えないかので、私は尋ねなければなりませんでした。」

私は、女として記述されているので、部長が他の誰かと話していたと思いましたが、いいえ、そこでは、他の女性ということになるのにオフィスで使用されません。

私: 「私は都市で最も高い丘の上の高校の久川沙江子ですが、私は今日以前、久川伊月として同じ丘のふもとで私の見たところでは高校を知られていました。 プログラミング競争で私を見た後に、私がここからだれかの推薦から会社の本部から就業して、最初に出て来て以来、ここのパスが私と共にいます。 私が昨夜家でこのものに働いていたとき、私の上にパスが事件のすぐ前にありました。 私自らはこの事件に関してびっくりした。」

私は話していた装置を彼に見せました。 部長は、私が旧名について言及したとき、より重大であるように見えました。

部長: 「あ!お前はあの伊月くん。 先の振舞いはごめんなさい。気づいたなかた。 私が見ることができるものから、あなたが女性としてこの寸法で生まれたように思えます。 あなたが男性の代わりに女性に生まれたので、あなたの両親は非常に幸福でした。 その幸福は仕事でよく振る舞って、昇進して、あなたの現在の家に住むことができるくらいのお金を得るために動機づけられているあなたの両親をもたらします。 幸福であったので、彼らはあなたをよく扱いました、そして、小学校にいたとき、あなたは、いじめっ子に遭遇しませんでした。 意気消沈させられる不足は、あなたがあなたの現在の学校に入るために研究で優れていたことを意味します。 私は、あなたがあなたの現在の学校に得点王の中にいますが、もう片方の寸法で平均品位を得点するだけであると聞きました。 それがあなたの最もすごい願望の1つであるかもしれなく、それに関して多くの利点があるので、あなたがさらに前のものの上のこの人生が都合がよいことを願っています。 それに関する唯一の不都合がそれらを扱うことができるくらい小さい方です。」"

私は部長が言っていたことに注意を向けていませんでしたが、私が、彼が言うのを聞いたことは、私が詳しくなかったものがなぜ私への第二の天性に見えたかを説明します。

私:「それで、私がまだ雇われていることを意味しますか?」

部長:「いいじゃない?私たちはあなたの能力のためあなたを雇いました、そして、ただあなたに起こったことのようなものはあなたが取り組んでいたプロジェクトと共に必然です。 しかしながら、私が、あなたには今日に関する十分なショックがあったと考えるので、あなたの新しい人生に調整するためにオフの月を差し上げています。 もっとも、遠慮なくその時の間、仕事に戻ってください。 あなたはまだ古いパスを使用できますが、私は、新しいパスを使用することを勧めるでしょう。パスは約1週間後に準備ができるべきです。 ところで、あなたは、女であることがどのように好きですか?

私:「えっと、っま。長い間いつも少女になりたかったのですが、あなたはまさしく自分が、より早く言ったことに関するものでしたが、私は、それが実際にこのように起こると予想しませんでした。」

ビルを出て、部長に感謝します。 病院で渚ちゃんに会いたかったのですが、現在の時間を見て、私がそこに着く時までに面会時間はたぶん終わったかもしれない。 また、その上に、そこに彼女がだれを訪問しているかを見つける必要があります。 結局、代わりに家に帰ると決めました。 私には、知らないこの寸法に関してものがまだあります、自分以外の私の周りのすべてと私が行く学校が従来と同様同じままで残っているように思えるので。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真
中野区, 東京都, Japan
帰国子女 英語能力は堪能。趣味はアニメや漫画やプログラムコードを編集。通常、あたしの小説を英語で書いてです。Grew up abroad &travelled to different countries. I write my own fictional novel on my blog.